光玄★公式ホームページ
   神戸を拠点に活動するブルースシンガー光玄の公式サイト
  >> ホーム
  >> RSS1.0
メニュー

注文窓口/お問合せ

名前:
メール:
件名:
注文内容/お問合せ内容:
送付先住所&tel:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 光玄プロフィール
光玄(こうげん)
1955年生まれ。

70年代後半、詩人片桐ユズルに誘われ、ライブツアー「かわら版キャラバン」に参加。その後、本格的に音楽活動を展開する。

1982年、1st.アルバム『ばれたら終わりや』を発表。メッセージ性の強い歌を歌う「社会派」シンガーのイメージが定着。

1990年、2nd.アルバム『89から90』を発表。作詞に郭早苗が加わり共同作業での歌づくりのスタイルを確立する。同時に自分の内面や生活を描いた歌がウェイトを占めるようになる。

1993年、TAMBOURINEMAN 福井としおのプロデュースで金森幸介とのライブツアーを記録したカセットアルバム『幸介&光玄LIVE』を発表。

1995年1月、阪神大震災発生、被災する。

1995年5月、16年ぶりに再開された「春一番」コンサートに初出演。聴衆に強い印象を与える。

1996年3月、3rd.アルバム『宙を舞う』を発表。震災体験を主軸に、アジアの人々、神戸長田の町、肉親への思いを織り込んだプロデューサー郭早苗のコンセプトが、光玄の歌唱と金森幸介のギター演奏によって豊かに表現され、高い評価を得る。

1997年、日本人ミュージシャンによるバディ・ホリーのトリビュートアルバム『Rockin Buddies』(バンダイミュージック)に参加、日本語でアプローチした「True Love Ways」を歌う。

2000年、いとうたかお、金森幸介らのアルバムレコーディングにブルースハープで参加。

2002年、1st.アルバム『ばれたら終わりや』をCD化再発売(ケンロードミュージック)。大阪中之島中央公会堂で開かれた、反差別国際運動日本委員会(IMADR-JC)理事長の武者小路公秀がコーディネータを務めるヒューマンライツセミナーに出演。

2004年11月、マーティン・スコセッシ・プレゼンツ『The Blues』(音楽を愛する7人の監督による7本のブルースロードムービー)神戸上映でオープニング・アクト出演。

2005年3月、4th.アルバム『悲しい夜は自由になれる』を発表。ラストの1曲を除き、光玄のギター、ハモニカ、そして歌だけの文字通りのソロアルバム 。長年歌い込んできた「長田ロード」「新長田の夜」をはじめ、自分が暮らす町の時間の流れや移り変わる風景をナイーブに表現し、シンガーとしての円熟ぶりが好評を博す。

2006年10月、大阪人権博物館内リバティホールで催された「ホンヨンウン追悼コンサート 祭祀・三喪」の企画に加わり、出演者としてもステージに立つ。


 音楽評論家藤田正は、光玄は「海外のアーチストであるビッグマウンテンやプリンス同様、確実にピープルズ・ミュージシャンへの道を歩んでいる」ミュージシャンである、として熱い支持を寄せる。

スポンサーサイト

光玄プロフィール | 固定リンク
(2007/02/11(日) 22:21)

copyright © 2005 光玄★公式ホームページ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。